--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.31

闇の子供たち

昨日PC修理に行ってきました。
思ったより高くついてしまい、しばらく発泡酒生活になりそうなリカー子です。

今回は映画じゃなくて本。
闇の子供たち

闇の子供たち (幻冬舎文庫)
闇の子供たち
梁 石日


とてもとても考えさせられる本です。
なので真面目モードON。

梁石日氏の本といえば、自身の実体験を元にかかれた作品や実際に起きている社会的問題を取り上げた作品ですね。
今回は後者の方。
タイで行われている幼児売春や臓器売買などの恐ろしい実態とそれに立ち向かうNGO団体の苦悩を描いている作品です。

もうもう、酷いという言葉しか浮かびません。
これが本当に起きていることなのか?
タイは一度観光で行ったけど、みんな優しく明るくとても良い印象しか残っていません。
私が観たのはほんの一部なんですね。

日本人に生まれ、日本に住んで適当に暮らせている私には想像を絶する世界です。
貧困に喘ぐ山岳地帯の子供や難民キャンプの子供たちを買ったり連れ去ったりして、都市部の売春宿で働かせる。
それも小学校低学年の年の子をですよ・・・
もちろん自分の子供を売ったりする親も酷いと思いますが、その子供たちを金持ち達が性の道具としてお金を払って買ったりすることでこのような事態を招いている。
子供たちには選択肢がありません。
大人たちの快楽の道具として散々弄ばれた上、エイズにかかれば生きたままゴミ捨て場に運ばれたり、男の子は薬を大量に摂取させられ死亡したり・・・
もちろん買うのは裕福な外国人たち。恥ずべき事に日本人も。
しかも売春宿で働かされた後、臓器提供という救いようのない人生を歩む女の子も・・・

これはあくまで小説(フィクション)なので誇張されて描かれていることもあると思うが、多かれ少なかれこのような問題が実際に起きているのだ。
己の欲求を満たすため子供を性の道具として扱う大人、自分の子供が助かれば貧乏なタイの子供の臓器を買うことを厭わない両親・・・
全てお金で解決させます。
人の命に差があるんです。

このような悲しい子供たちを1人でも多く救おうと、NGOが奮闘します。
でもやはり悲しいかな、政府もNGOの味方ではないんですよね。
やはり全てお金が絡んでくるんです。

このような状況を打破するためには、やはり一人ひとりが現実に目を向けて、より多くの人が声をあげなくてはいけないんですよね。
そして何より、子供たちを買わないことに尽きるんじゃないかな。
需要があるから供給するんです。
誰も買わなければビジネスも成り立たなくなり、幼児売春もなくなり、闇から闇へと葬り去られる子も減っていくのでは・・・

そして臓器移植に関しては、患者家族にとっては深刻な問題。
何が何でも自分の子供を救おうという親の気持ちは当たり前です。
しかしそれによって他の子供の命が奪われるというのは・・・

貧乏な家に生まれた子供と金持ちの家に生まれた子供の命は、生まれた瞬間から価値が違うのでしょうか。

この小説、あまりにもショッキングな内容で耐えられない人も多いと思うけど、この本を読んでこんなことが世界のどこかで起きているという問題意識を一人でも多くの人がことが大切なのかな。
そして自分も飲んでばかりではなく、もっともっと世界の事を勉強しなくてはと思った。

ちなみに映画になるそうですが・・・
どうなんでしょうか?
どこまで小説の生々しい迫力出せるのでしょうねぇ?
「闇の子供たち」オフィシャルサイト

変な目的で行くのではなく、美しい海、優しい人々、美味しい料理に出会いにタイに行きましょ~と思った人はポチっとお願いします。
ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
スポンサーサイト

Posted at 12:07 | | COM(14) | TB(0) |
2008.03.31

ツーカイ!金剛地くん

私の好きな作家の1人戸梶圭太のツーカイ!金剛地くんを読んでみました。
ツーカイ!金剛地くん

ツーカイ!金剛地くん

まず、この表紙にかなりやられましたにやり
戸梶さんの作品はいつも、表紙が面白い絵文字名を入力してください
電車で読むのに、ブックカバー必須です。

内容はいつものように、彼が好んで使うところの「激安」「バリキチ」のオンパレード。
でも彼、この「安い」という表現が、好きですよねぇはあと。
彼のほとんどの本に「激安人間」という表現がでてくるような気がします絵文字名を入力してください
読めばわかるのですが、激安はセコイって意味で使われてませんよ。
この人、多分英語が得意で普段も、人に対して中身がないとかどうしようもないみたいな感じでcheapという表現を使っているんじゃなかろうかフヌ
で自然に安い人間という言葉を頻繁に使うのではないだろうか(勝手に想像)ぷっ
だって~あんまり、日本人で「あいつ、激安だよねぇ」なんて使わないですよね。普段。


2時間ドラマのテレビ評に命をかける自称評豪の東西新聞芸能スポーツ部特別記者金剛地くん。他人の迷惑お構い無しの勘違いKY男のお話です。

この金剛地。ホント不愉快な人間汗
ハゲを黒いスプレーで隠し、デブの汗っかき。
なのに異常に自信満々。。。
しかも自分で評豪と名乗っちゃうところが、ある意味すごいですピース
こういう人、いるかもしれませんねぇ。
特に業界人といわれる人達に絵文字名を入力してください
自分に自信をもっていることはいいことだけど、他人を巻き込むのは勘弁して欲しいよなぁ。
そして私の半径1m以内に近づいて欲しくないなぁ。

金剛地もバリキチだけど、彼を取り巻く人々もかなり壊れているポカーン
彼の上司である伊勢谷の崩壊っぷりも笑える。

彼の作品いつもそうだけど、なんだか最後が尻窄まりと思うのは私だけアップロードファイル
話のテンポはよく、ブラックも効いてて、壊れててかなり好きなんだけど、最後の方はあまり印象に残らない。
なんだかいつももったいないなぁという感じがしてしまう。
それでも新刊がでると、買って読んでいる私は、好きなんでしょうねハート(赤)結局。

この本、卑猥でブラックユーモアてんこ盛りの、教育関係者や山の手奥様方にはおすすめできない作品です。

戸梶作品で一番私が好きなのは牛乳アンタッチャブル。
牛乳アンタッチャブル

牛乳アンタッチャブル
戸梶 圭太
めちゃ面白いです。

ブログランキング参加しております。自分は激安ではないけど、安価くらいだと思う人はポチッと応援お願いします。
ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ

Posted at 15:54 | | COM(0) | TB(0) |
2008.02.22

マタンゴ

今週は、通勤電車の中でマタンゴというホラー小説を読んだ。
マタンゴ―最後の逆襲 (角川ホラー文庫 12-23)

私は角川ホラー文庫が大好きはあと。
難しいことは何もなし、のめり込める。
疲れた32歳には最適だ。

「マタンゴ」私は知らなかったんだけど、とっても有名らしい。
1963年公開の東宝制作の特撮ホラー映画で、マニアの間では今でも大変な支持を得てるとのこと。
この本は、その後日譚。
著者の吉村達也が昔見て震え上がった映画「マタンゴ」の続編を東宝の許諾を得て書いた作品。

内容:
富士山麓の樹海の奥深く、大型ヨットが浮かび、亡霊がさまよっている―その「都市伝説」を確かめようと訪れた五人の男子学生と二人の女子高生を包み込む極彩色の胞子の霧。そして現れたキノコの怪物!十年後―悪夢を忘れ、女優、作家、キャスター、刑事、実業家、細菌学者、宇宙飛行士として活躍する彼らのうち、四人の身体に異変が。十年の潜伏期間を経て、肉体がキノコに変身しはじめたのだ!その裏には国際バイオテロ計画が。伝説のマタンゴが、半世紀ぶりに蘇る。

マタンゴを食べたり、その胞子を吸ったりしてしまうと「キノコ人間」になってしまう。
キノコ人間ですよ。

でとりあえず、読んでみました。
予想以上に面白い。
色々書くとネタバレしてしまうので、詳しいことは書きませんが、体中からキノコが生えてきてキノコ人間になるなんて、笑ってしまうんだけど、キモ怖い。
ニキビやシミのトラブルで皮膚科に行けても、キノコが生えてきて困ってます~と病院病院に行けないよなぁ。
しかも一種類じゃなく色んなキノコ。
登場人物の1人の女性に生えてきたのは、首元からナメコ。乳房からエノキダケ。
恐ろしや。
最後は全身、キノコに覆われ、キノコ人間に。
もちろん舌にもキノコたっぷりです。
次はどんな風になるのか、ワクワクであっという間に読んでしまった。
この小説、キノコ人間の恐怖だけでなく、ちゃんと人間ドラマも綿密に描かれていて、そちらの愛憎劇も面白い。
最後はちょっとスケールが大きくなりすぎちゃってるけど、こっちのマタンゴもそのうち映画化してほしい。
すごい制作費になりそうだけど。

でもまずは、1963年に公開された映画マタンゴを観たい。
特殊メイクもかなりいい出来みたいなので、楽しみじゃ。
マタンゴ


昔、この映画を観た後、キノコきのこ2が食べられなくなった人がたくさんいたみたい。
キノコ好きの私、食べられなくなったら困るなぁ。

実はドコモダケドコモダケもマタンゴでは?と思ってしまった人は応援のポチッをよろしくお願いします↓
ブログランキング





Posted at 16:05 | | COM(0) | TB(0) |
2008.02.15

イニシエーションラブ

メフィスト賞作家の乾 くるみのイニシエーション・ラブ という本を読んでみた本

イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)


本屋さんで、まだ読んだ事のない作家の本はないかな?とうろちょろ探しているときに、なんとも魅かれる帯がついている本を発見!

「最後から二行目で、本書は全く違った物語に変貌する」
「必ず2回読みたくなる小説などそうそうあるものじゃない」
「目次から仕掛けられた大胆な罠、全編にわたる絶妙な複線そして最後に明かされる真相― 80’sのほろ苦くくすぐったい恋愛ドラマはそこですべてがくつがえり、2度目にはまったく違った物語がみえてくる」


この帯のせいで、最初からかなりな仕掛けがしてあることはわかってしまうため、どうしても先入観をもって読み進めてしまうので、あまり驚きがないという人もいるみたいだけど。。。
まぁ、確かに普通の恋愛小説だと思って呼んだほうが「?」が浮かんで楽しいのかもしれない。

で、早速読みました。
ちりばめられてました。伏線が。
いろいろ書くとネタバレになってしまうので、ここでは書きませんが、私的には結構面白かった。

ちなみに2度読むと気付かなかった伏線やトリックがみえてくる。
んーん、この作家うまいですわグッ

読み終わった後で、全ての謎をどうしても解きたいという人は、ゴンザの園というブログで、気持ちいいくらいに詳しく説明してくれているので、覗いてみたらいいかも。多分、素通りしてしまった仕掛けがみえてくるはず。

ひっそりブログランキングに参加しています。
ポチっと押してくださるとうれすぃ~です。
ブログランキング


Posted at 14:04 | | COM(0) | TB(0) |
2007.12.08

貧乏強し

今、麒麟の田村の自叙伝『ホームレス中学生』がバカ売れしてるらすぃ~豆電球
ホームレス中学生

中一で親の破産により、家族解散となり、公園で生活を始める。
こんな逆境にもめげず、逞しく生きていく姿が共感を呼ぶのだろう。
私はまだ読んでないので、持っている人貸して~ピース

麒麟の田村の人生もすごい。が、私の中で『貧乏』と聞くと必ず思い出してしまう人がいる絵文字名を入力してください

私の通っていた小学校はごくごく普通の公立小学校。
天才もいればバカもいた。
金持ちもいれば貧乏もいた。
似通った能力、生活水準の人間が集まる私立とは違い、かなり個性豊かだった。
その中に、私の知ってる貧乏クイーンがいた。

彼女はクサえと呼ばれていた。
もちろん本名ではなく、子供特有の何の罪悪感ももたずにつけられた残酷なあだ名だ大泣き
クサエは半崩壊気味の借家に家族と住んでいた絵文字名を入力してください
家には電話電話がなく、緊急連絡網で彼女の前の子は、直接彼女の家まで行き、口頭で伝えなくてはならないという義務が生じ、大変面倒臭がられていた。
また、学校の給食で出るパン食パンは貴重な炭水化物として彼女の家の食卓にあがった。
私はクサエとは同じクラスになったことはないのだが、家が多少近いこともあり、数回話したことがあった。そして何故かクサえの半壊ハウスに招待された。
彼女には色々な噂があった。
親がヤクザとか、飲み水はトイレの水などなど…がーん
とにかく小学生にしてかなりミステリアスな彼女、怖い物見たさで友人とともに彼女の家に行くことにした。
気分はミステリーハンターである虫めがね

しかし半壊ハウスの中は薄暗いが思ったより汚くなく、必要最低限の物しか置いていない空間はこざっぱりしていて、拍子抜けした絵文字名を入力してください
とりあえず腰を落ち着けると、クサエが何か運んできた。

2センチくらいにカットしたタクワンのしっぽ常温の水(何故かほのかに色つき)

元々あまり親しくないので、たいして話しも盛り上がらず絵文字名を入力してください、修行僧のようにたくわんを見つめていると、友達がとある質問を彼女にした。

『お父さんって何の仕事してるの?』
親がヤクザという噂を確認しようと思ったのだろう。しかしクサエの答えは予想外のものだった驚く

『獅子舞』

そんなクサエを10年くらい前に駅前で見掛けた。
ド派手な格好にメイクで堂々と立っていたキラキラ
とてもとても逞しく生きている。さすが獅子舞の娘

しかし、果たして彼女の父親は獅子舞の前脚の方だったのだろうか?
なんだか後脚に思えてならない

聞けばよかった~がっくり

さりげなくランキングに参加してみました。
自分の親の職業が「天狗」の人はポチっと押してやって下さい。
↓↓
ブログランキング



Posted at 14:38 | | COM(1) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。