--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.05.07

I SHOT ANDY WARHOL(アンディ・ウォーホルを撃った女)

最近、映画の記事全然書いていないなぁということで、結構昔、ミニシアターにで観た映画ですが、最近なんとなくもう一度観た I SHOT ANDY WARHOLについて書いてみよ。

I SHOT ANDY WARHOL

I SHOT ANDY WARHOL
1996年 アメリカ
監督 メアリー・ハロン
出演者 リリ・テイラー、ジャレッド・ハリス 他
音楽 ジョン・ケイル


はい、云わずと知れたポップアート界の巨匠アンディー・ウォーホールを撃った銃(セミオート)、超過激ファミニズム思想のお方ヴァレリー・ソラナス女史のお話です。
ちなみに実話。

あらすじは

不幸な少女時代を経てレズビアンとしての自覚をしたヴァレリー・ソラナスは、SCUMを創立し、フェミニストたちに決起を呼びかける過激なフェミニズム・パンフレット『SCUMマニフェスト』を完成させ、周囲に配るが世間の反応は冷たかった。ウォーホルなら自分を理解してくれると考えた彼女は、早速ファクトリーへの出入りを始め自作の戯曲『アップ・ユア・アス』を彼に渡し、ウォーホルも彼女の著述に興味を示すが…
リリ・テイラー  i_shot_andy_warhol.jpg

私、リリ・テイラーって結構好きなんですよねはーと
もちろん、可愛くないのは存じ上げていますが、何となく魅力的で、チャーミング。
私の中では不思議ちゃんだと思っています(もちろん本人は知りませんが)。
で、そんな彼女が演じたヴァレリー・ソラナスすっごいですよ。
まぁ、究極のファミニズムなお方。
ちょっとやそっとの男嫌いとは訳が違います。
彼女が創立した組織SCUM(男性抹殺団)。激しすぎます絵文字名を入力してください

基本理念は
男はクソだ。ウンコだ。チンカスだ。
男は生物として不完全。
この世に男などいらん。
こんな生き物は抹殺だーっ刀

的なものでしょうか。

まぁ、ここまできちゃうと確かにひいてしまいますね絵文字名を入力してください
余りにも過激な思想ですが、本人は至って真剣。
田島先生(懐かしい)も吃驚ですね驚く
ヴァレリーさん、男尊女卑の時代や国に生まれていたら、どのような激しい抗議活動をはじめたのでしょうか?

でも、そんな男共よこの世から消えてしまえta的考えのヴァレリーさんが演出を頼んだのが、殿方アンディー氏というのも、ちょっと不思議ですねぇアップロードファイル
あえて、男に演出してもらいたかったのか、アンディの才能は男だけど認めていたのか。

何はともあれ、このような過激思想の方に直接会うのは、恐いけど、遠くからお話を拝聴したいです。
ちなみに私はゲイの方には何の抵抗もございませんし、潜在的に自分もゲイかもしれませんしwaaaai

ところで最近改めてこの映画を観て、1番びっくりは女装のゲイのキャンディ・ダーリングをスティーヴン・ドーフが演じていたことですなぱんだもびっくり

なかなか面白い映画ですよ~。
映像も格好良いし絵文字名を入力してください
特に殿方に観て欲しい映画ですねピース

オネエブームはきても、オニイブームは何故かこないなぁと感じている方ポチッと
ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ

スポンサーサイト

Posted at 11:00 | 映画 | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。