--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.02.09

The Visitor (邦題:扉をたたくひと)

こないだランチタイムに優雅にひとりでナポリタンを食べていたら、突然鼻血が出てきて、トマトなのか鼻血なのかわからなくなり、優雅のかけらも無くなったリカー子34歳です

最近、東京もまた急に寒くなってきました
ずーっと暖かったので、堪えますのぉ

ところで先日いきなり、お部屋のカーテンが買いたくなり、近所の大型ディスカウントショップに行きました。
何せ思いつきでチャリを飛ばして行ったので、カーテンレールのサイズも測らずに買いに行くというアポーンな結末
もちろん買えませんでした
「次は測ってから来いよ」とばかりに
無料でメジャーをもらった残念な人は私です

その後、普通に帰ればいいのに、何故か足はお酒売り場へ
気付いたら、全く買う予定ではなかったウイスキー2本持ってニヤケ面してレジに並んでおりました
勝手に手が動き、勝手に足が動き、勝手に財布が開いちゃってるぅ
ポルターガイストか?
違~う。お酒に心が支配されているぅぅぅ
ダメだー。アル中街道まっしくぐらじゃ~

というわけで、そんな街道を突っ走らない為にも、
ちゃんと生きなさいと自分に言い聞かせる意味を籠めて、素敵な映画のご紹介。

The Visitor (邦題:扉をたたくひと)
The Visitor(邦題:扉をたたくひと)

製作国:2007年アメリカ映画
監督・脚本:トム・マッカーシー
出演 : リチャード・ジェンキンス 、 ヒアム・アッバス 、 ハーズ・スレイマン 、 ダナイ・グリラ


あらすじは…
愛妻に先立たれ、心を閉ざして孤独に暮らしていた大学教授のウォルターは、久々にニューヨークにある別宅のアパートを訪れるが、そこにはいつの間にか見知らぬ移民の男女が暮らしていた。シリア出身の青年タレクは“ジャンべ”というアフリカ発祥の太鼓の奏者であり、ウォルターはタレクからジャンベを習い始め、2人は次第に心を通わせていくが……。
(映画ドットコムより)
扉をたたく人

リチャード・ジェンキンス、いいですねぇ
まさにハマリ役。実に人間くさくて良い
これがめちゃダンディな高級紳士服をさりげなく着こなす俳優さんが演じてたら、実にうそ臭い
彼、よく観るけど、主役って初めてなんじゃないかなぁ?
でもこの孤独感、何の楽しみもなく惰性でただ生きている感じが実にリアル。
そんな大学教授がはまったのが、まさかの“ジャンベ”ってところがまたいい

そういえば、こないだアフリカ料理食べに行ったとき、こんな楽器を演奏していたなぁ。
確かに自然に体が動く
そして何だか一体感が沸くのよねぇ。

で、この教授、結構いい人なんだよね
自分のアパートに普通に見ず知らずの人を住まわせてあげたり、
タレクの不法滞在がバレて、拘置所に入れられたときも、八方手を尽くしたり・・・
大学教授とシリアの移民。
環境が全く違う二人。
でも音楽を通じて心が通じ合っている。
素敵じゃありませんか

そしてタレクの母ヒアム・アッバスもいい!
演技もすばらしい
息子を想う母、ヒシヒシと伝わってくる

そしてラストのシーン!
扉をたたく人
無言でジャンベを打ち鳴らす姿・・・
もういろんな気持ちが詰まってます

今のアメリカの現状。移民問題など・・・とっても厳しい現実。
それに対する怒りやもどかしさなども感じましたわ。
ま、全ての人を受け入れることも不可能ですしね。
難しい問題です

とにかく、この映画を観て私が一番に感じたこと、それは

「人はいくつになっても生きがいを見出せるのだなぁ」

ちなみにうちの亡き祖母は、70過ぎて、ジャッキーチェーンにはまってた
彼女の家で何回ジャッキーさんのビデオを見させられたことか
食っちゃ寝、食っちゃ寝、時々ジャッキーチェーン
ま、それも彼女の生きがい

で、現在の私の生きがい・・・
心が浮き立つような事・・・

な・・・い・・・

いやいや、あるさー。
最近の生きがい、それは、

どのウイスキーが一番ハイボールに合うか見つける事。

あ~残念な私

私の酔拳の秘密がわかった人はポチッと↓
ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ


この記事へのトラックバックURL
http://enjoybeer.blog44.fc2.com/tb.php/106-2d8e463b
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
- | at 2012.05.09 03:41
この記事へのコメント
ハイボールをウィスキーで作るなんて贅沢な話ですな。

私の知っているハイボールは、小岩あたりで一杯200円くらいで飲めたりするやつです。きっとウィスキーなんて使ってないに違いありません。
Posted by 馬面 at 2010.02.10 20:37 | 編集
突然の連続更新・・・驚き(爆)
微妙な言い回しですまんが私の歳からすれば
ずい分とお若い
ただおじさん層にも後に尾を引くユーモラスな部分と
若い層にも共感される感覚が
激遅更新ブログで有りながら人気の秘訣なんですかね
私もファンの一人で非常に参考にさせてもらってます
更新は遅くても是非、続けて頂きたい
貴重なリンク仲間なので(笑)
Posted by サスケ at 2010.02.10 22:23 | 編集
「生きがい」ってなんでしょうねえ。人それぞれなんでしょうね。自分の場合は酒と現実逃避ってことなのかな(笑)
ともかく、生きがいを持ってる人といない人とじゃ大違いだし、何も持ってない人がいたとしたら哀しいことですよね。
Posted by RIP at 2010.02.11 00:58 | 編集
あ、各メーカー毎のソーダとウイスキーの相性&配合比率、
相性の良いアテのレポもお願いします~♪
生きがいってか、ライフワーク的な感じになりますが(笑)
好きな酒を美味しく飲める人生ってのも中々捨てたもんじゃないですよ♪
(酒飲みの言い訳(^^;)
Posted by zumi at 2010.02.11 01:41 | 編集
まいど♪ゆうじろうッス^-^
日記の部分、めちゃ笑えた(笑)
きっと、ポルターガイストという名の本心ですな@-@
まぁ、人間。好きなモンがあるのは素敵な事ですって♪
私は、酒が好き。
っと言い切るリカー子さんって人間らしくて好きです★
さてさて、映画ですが・・・。
めちゃ気になります。
っというか、内容も気になりますが
「ジャンベ」という打楽器。
実に興味あります。自分自身、打楽器が好きなので
絶対楽しめそうな映画ですね^0^
今度見てみるッス★でわでわ~>▽</
Posted by ゆうじろう at 2010.02.11 23:32 | 編集
この映画、わたしはイマイチな印象なんだけど、ジャンベのシーンは良かったですねえ。
音楽が伝える力は万国共通なんですな。

わたしはウィスキーは飲まないのですが、極めると奥が深いらしいですね。
是非リカー子さんには手が震えても(笑)極めていただいて、オススメを教えてもらいたいです。
Posted by りお at 2010.02.11 23:41 | 編集
馬面さん

小岩で200円。それはそれで魅力的なお値段。
確かに何が入っているのか、わかったもんじゃありませんね。
店で飲むと、やっぱり高くつくので、うちでハイボール大会です。
最近、炭酸で割るのは、全てボールと名づけてます。
この前、ラムボールをやったらうまかった。
酒が入っていればいいみたいです。
Posted by リカー子 at 2010.02.12 12:54 | 編集
サスケさん

いきなりの連続更新。
自分でも驚いてます。
すでに去年のブログを書いた数を上回ってしまいました。
昔から持久力がなく、短距離向きなので、今後の課題はハーフマラソンです。
なんだか最近、東京マラソンがやたらと盛り上がってますが、
私は近所の居酒屋までも走ってたどり着けないので、とりあえず、参加しません。
映画と酒は死ぬまで辞めないと思うので、ブログは地味に更新するので、
お付き合いのほど、よろしくお願いします。
Posted by リカー子 at 2010.02.12 13:00 | 編集
RIPさん

おー、私と同じ生きがいを持っていらっしゃって、ホッとしました。
もうちょっと崇高な生きがいを欲して入るんですが・・・
最近、夜寝る前の妄想が楽しくて仕方ない。
ダメですね。逃げですよね。
Posted by リカー子 at 2010.02.12 13:03 | 編集
zumiさん

何をおっしゃる。つまみはzumiさんの得意分野ではないですか。
私のほうが教えて頂きたい。
最近の気に入ったハイボールはスプリングバンクで割ったものですね。ちょっと高級ですが、軽い正露丸のような味がたまらない。
Posted by リカー子 at 2010.02.12 13:06 | 編集
ゆうじろうさん

お酒が好き、好きだけど嫌い、嫌いだけど好き。
複雑です。
最近、私の生活はお酒を中心に回っている気がしてならない。
せっかくの休日もお昼過ぎまで90%二日酔いで、暗くなってから活動開始。
下町のドラキュラ状態です。吸うのは血じゃなくて、アルコールなんですけどね。
ジャンベ、代々木公園に行ったら叩いている人がいると思います。
Posted by リカー子 at 2010.02.12 16:47 | 編集
りおさん

りおさん的にはあまり好みの作品ではなかったんですね。
私は、普段脇役の人が、はまり役で主役をするとそれだけで、「おぉぉぉ、良かったねぇ」とどこぞの監督ばりの上目線で応援したくなります。
世の中、多くの映画やテレビの美男美女ばかりではないですからね。普通の地味な人に焦点をあてていると、実にリアル。
最後、地下鉄で一心不乱にジャンベを叩くシーンは良かったですよね。

もう、手は震えているので、大丈夫ですよ←何が?
ウイスキー、確かに奥が深い。極めるにはいくらお金があっても足りませんなぁ。
Posted by リカー子 at 2010.02.12 16:53 | 編集
サントリーの白洲工場を見学して以来、僕もウイスキー派に鞍替えをしました。
ハイボールも色々試しましたが金銭的な理由で最近はトリスの2.7L。酔えれば何でもいいという結論(笑)
で、シングルモルトの「山崎10年」。やはり寝かせたウイスキーは旨い。なので一晩でボトルを空けてしまう大馬鹿野郎です。冬の夜長は罪作りですわぁ。
あ、映画談議でしたね。今度観てみますw(爆)
Posted by 番犬ガルム at 2010.02.16 22:27 | 編集
随分ご無沙汰しております。
しばらく映画もマトモに観てないから新作に疎い・・・勉強しなおします。映画と同時に酒も勉強します。要するに映画観ながら呑んだくれます。

ハイボールは、定番ですが角やグレンフィディックが万人受けしますかね。スモーキーなのがお好みならシングルモルト一択ですが。

今後ともどうぞよろしくお願いしますね。
Posted by ジョン at 2010.03.22 22:58 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2012.10.25 11:51 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2013.01.31 01:53 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2013.06.17 17:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。