FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.02.14

私には全く理解できません。これがアート?

久しぶり怒り心頭怒なニュースを聞いた。

コスタリカのクソ自称芸術家が、犬を繋いだまま放置し、餓死して逝く様子をアートとし、見せ物にして殺しやがった。
Nativity


何で餓死する姿がアートなの?
普通の人には理解できないようなアートは世の中にたくさんあるけど、それは感性の違いだったり、わかる人にわかるものである。そしてこんな残虐かつ何の芸術性もないクソのようなことを、アートだと言い放つ信じられないほどの大馬鹿がこの世の中に存在するという事はとても不愉快であり、とてつもなく残念な事。

こいつは、展示場へ来た人たちが餌や水の一切をあげることは認めなかった。しかも、この犬を捕まえるためにストリートチルドレンにお金を払って犬を追いかけさせたりしたらしい。

えーっと何が芸術なのでしょう絵文字名を入力してください
彼的には、世の中の偽善を暴くみたいなスタンスっぽいが。

ギジェルモ・ヴァルガス(アーティスト名:Habacuc)は、この悲しき運命を背負った被害犬Nativityに対し「どっちみち病気だし、そのままにしても道端で死んでいた事だろう」とのたまいやがった。そして「コスタリカにはこんな犬はたくさいる。ストリートで死んでも、気にしないくせに、展示場で死んだら一斉に非難するなんて、偽善じゃないか。」と。

だからってこんなインチキ芸術家に自由を奪われ、非常に残酷な方法で殺されるなんて事が、あっていいはずがない。
この男に首輪をつけ、公衆の面前で餓死させてやりたいと思ったのは私だけであろうか?

とにかくアートとは、人に感動を与えさえすれ、傷つけたり、不愉快な気持ちにさせるものではないと思う。
1日でも早く、この男が「自称アーティスト」を引退してくれることを心から望む。

この記事の詳細はこちら(全て英文です)

ちなみにこの男をBienal Centroamericana Honduras 2008の代表に選んだ、救いようのない馬鹿がいる。
こいつを次回展示会へ彼を参加させない為の署名活動がある。
署名のページはこちら

この記事関するブログや署名方法など詳しく書いているページはこちらこちら

世の中には色々な考えをもっている方がいます。
これは私の個人的な意見ですので、反感をもたれた方は、さくっとブラウザを閉じてください。

ひっそりランキングに参加しています。ポチっと押してくださると少しやる気が出ます。
ブログランキング



この記事へのトラックバックURL
http://enjoybeer.blog44.fc2.com/tb.php/46-90fe47a1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。