FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.19

Bad Education(邦題:バッド・エデュケーション)

今回は私が超超超大好きな監督の一人ペドロ・アルモドバルの映画。
バッド・エデュケーション
バッド・エデュケーション
バッド・エデュケーション
2004年 スペイン
監督:ペドロ・アルモドバル
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、フェレ・マルティネス

ペドロ・アルモドバルめちゃめちゃ好きなんですはあと。
この映画も何度も観ていますが、やっぱりやっぱり大好きな映画ハート(赤)
で、この映画深いです。

神学校での性的虐待
子供への性的虐待
ゲイへの偏見


かなりの問題作でしょうta
というか公開するときはいろいろと反対が起こったことでしょう。
でも、自身もゲイの監督、描き方はやはり半端ないくらいすげーすんばらすぃグッ

バッドエデュケーション


内容は

1980年、マドリード。新進気鋭の映画監督エンリケのもとに、イグナシオと名乗る美貌の青年が映画の脚本を手に突然あらわれた。彼はエンリケの少年時代の神学校寄宿舎での親友。あまりに変わった友に疑いを感じながらも、脚本の内容にひきつけられていくエンリケ。なぜならそこに描かれていたのは二人の人生を変えた、彼らの少年時代の引き裂かれた悲劇。エンリケを守りたいがゆえに自らを犠牲にし、砕けてしまったイグナシオの心、今もなお変わらぬ愛。でも何か違う。本当にイグナシオなのか?真実を求めエンリケはイグナシオの大いなる秘密を知ることになるのだった・・・。

(アマゾンより引用)

ところで1人3役を演じたガエル・ガルシア・ベルナル
ごっついけど、美しいキラキラ
顎が割れ気味だけど美しいキラキラ
バッドエデュケーション

それにしてもガエル・ガルシア・ベルナル、今ノリにのってますなぁjumee☆DaNcE2
前はよくアルモドバルの映画にアントニオ・バンデラスも出てたけど、やっぱ年的に無理なのかな。
最近、変な映画にばかりでてるし・・・

そしてアルモドバル映画常連のロシー・デ・パルマの馬面布袋顔が観れないのはちょっと残念絵文字名を入力してください

この映画、アルモドバル自身の体験を織り交ぜて作った半自伝的映画だそうです。
彼自身も神学校出てますしね。
で聖職者嫌いになったのでしょうか?
私は無宗教なのでわかりませんが、宗教の問題を取り上げるのはかなり抗議があったはず絵文字名を入力してください
タブーってやつですか。
でも作っちゃった彼はすごいピース

子供の頃の体験(特によろしくない)は、案外深く心に刻み付けられてしまうもの。
俗に言うトラウマですかjumee☆Feel Depressed4
この映画も神学校での教師からの受けた性的虐待から人生が変わってしまった。
私も昔、純粋な小学生の頃、道を聞かれた20歳前後の男に変な路地に連れて行かれ、いきなりナイフを突きつけられ、レイプされそうになったことがある。

「ランドセルを下ろせ」

「後ろを向いてろ」

その間男はかちゃかちゃとズボンを脱ぎ始めていたので、一瞬の隙をついて猛ダッシュ。
私、めちゃ足が速かったのです。
で、立ちションしている知らないオヤジに

「助けてー」

というと

「俺関係ないから」

といわれ、足早に去られてしまった。
仕方がないので、近所の友達の家に逃げ込み、警察と家に通報した。
その時からでしょうか、人間が信じられなくなったのは・・・
その時からでしょうか、性格がひん曲がったのは・・・
私の性格が悪いのは、そのレイプ未遂魔と立ちションオヤジのせいです怒り
まぁ、その体験は今でもでっかい傷として心に刻まれておりますぱんだ 泣く

と自分の実体験の話をしてしまいましたが、とにかくこの映画お勧めです。
アルモドバルの強烈な色彩感覚には圧巻ですぞ。
ゲイの映画と一蹴し、観ないのは損ですぞ。
サスペンス要素もあるので、この手の映画が得意でない人も楽しめるはず。

ちなみにアルモドバルも映画の構想を練る際、新聞記事を読みあさるというのも実話みたいです。
事実は小説より奇なり
ということですなフヌ

ガエル・ガルシア・ベルナル格好いいけど「あれ~足短め?」と思った人はポチっとお願いします。
ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ

この記事へのトラックバックURL
http://enjoybeer.blog44.fc2.com/tb.php/85-288b6be5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
男の気持は男にしか分からない・・・その道に走った友人の名言(迷言)です。就職した時に同期だったヤツは、金に困って男相手に歌舞伎町で春売ったそうです。しまいにゃDVまがいになりいつも逃げ出した、とか言ってました。まさに「事実は小説よりもおもろい!」って感じですよね。今度勇気を出して鑑賞してみすね。
Posted by 番犬ガルム at 2008.06.19 21:32 | 編集
映画評云々より、実体験話のほうがショッキングです。恐ろしいです。
Posted by 馬面 at 2008.06.20 21:16 | 編集
おはようございます♪おもしろいブログですね~ポチっとしておきました。これからもよろしくです!!
映画、観たいのたくさんあるんですよね~
Posted by N郎♪ at 2008.06.21 07:55 | 編集
ガルム様
お友達逃げられたのですか。無事で何よりです。
男の気持ちは男にしか分からない。名言ですね。
私は女なのに女の気持ちもわからないどうしようもない人間です。

馬面様
マジで怖かったですよ。というか生きてて良かった。
そのすぐ後、宮崎事件などがありましたからね。
ちなみにランドセルやら手袋やらをその路地に置いて逃げてきたので、母と金属バットを携えた兄とそれらを取り戻しに行きました。
結局犯人は捕まらず・・・
何もなかったからまだ話せますが、なんかあったら今頃全く違う人間になっていたと思います。
子供への性的虐待は重罪です。たとえ未遂でも刑務所にぶち込んで出てきても常に監視の目を光らせてもらいたいです。







Posted by リカー子 at 2008.06.21 13:53 | 編集
N郎♪様
コメント&ポチありがとうございますぅ。
映画の趣味にかなり偏りがありますが・・・
これからも映画の感想&二日酔いの後悔を載せていきますのでよろしくお願いします。
Posted by リカー子 at 2008.06.21 14:35 | 編集
同性愛というのは結局当事者同士にしか、わからないものなんでしょうね。男同士の方が女性同士よりもそちら系に行く頻度が高いように思えますが、なんでしょう。(精神的な部分でも)やっぱり男同士の友情的な絆が強いからなんでしょうかねえ。

ところで、過激な発言かもしれませんが性犯罪者は、ずっと隔離させておいて欲しいですよ。そうしなければ子供達を守れないと思います。なんだか怒りがこみ上げてきますね。
Posted by RIP at 2008.06.21 22:35 | 編集
RIP様
男同士より女性同士のほうがまだ社会の目が厳しいように思います。男性でカミングアウトされている方は多いけど、女性ってあまりないですよぇ。前に新宿でゲイの方の誕生日パーティに行ったのですが、圧倒的に男性の方が多かった。ちなみに女性は外国の方ばかりでした。
性犯罪者に関してはRIPさんと同意見!
日本も性犯罪者に対して、もっと厳しい処罰を設けてもらいたいものです。
Posted by リカー子 at 2008.06.23 12:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。